社員インタビュー

事業推進室 内田和希

事業推進室インタビュー

内田和希

新卒で大手印刷会社に入社。その後コンサルティングファームに転職し、化粧品業界クライアントの販売戦略立案や複数業界でのバックオフィス業務の改善、システム改修など、多岐に渡るプロジェクトを担当。2020年4月にRECLOに入社し、事業推進室のメンバーとして、販売数値の集計・分析とオペレーション業務の改善を担当。

– RECLOに入社を決めた理由はなんですか?

様々な業務を担当してきた中で、僕の中でtoBよりもtoCサービスの方が自分のモチベーションが高まるな、というのがありました。そんな中RECLOでの話をいただき、自身も一消費者として目にするサービスの為、ユーザーを理解し世の中に貢献している充実感を感じられるのがいいなと思いました。
また、大手では会社に対する自分の貢献度がわかりづらいということがあるのですが、RECLOでは意志があればやりたいことがなんでもやれ、自分の成果が会社の数値にダイレクトに影響するというやりがいに魅力を感じました。
また、面接をしてくれた現上司など、一緒に働いてみたい魅力的な人たちがいたのも大きいです。

事業推進室インタビュー

– 仕事のやりがいはなんですか?

前職では、大きな課題設定がされたプロジェクトを遂行することが多かったんですが、RECLOではリソースが限られる中、何を課題として捉え優先順位をつけるのか判断が難しく、最初に壁にぶち当たりましたね。また、データ分析をするにもまだまだ数字が未整備な状態でしたので、一からデータの作り方、取り方を設計する必要があったため、やるべきことが山積みでした。しかし、だからこそ自分が入社した意義があり、面白味があると思っています。自分の分析結果から施策が立ち上がり、実際に消費者の目に届くサービスに登場し、売上に貢献しているときや、どんどん業務が改善されていき、組織が活性化しているのを見たときはとてもやりがいを感じました。

事業推進室インタビュー

– 働く環境や部署の雰囲気を教えてください

最初に思ったのは、ベンチャーだけども落ち着いていて、なんか安心するな、ということでした。また、バックグラウンド、強み弱み、やりたいことが異なる多様な人種が集まっているのでコミュニケーションをしていて面白いですね。
私のいる部署はやりたいことがあれば、結果を出した上で手を挙げれば、やらせてもらえるので、そういった環境で働けるのは自分の成長にもつながりますしありがたいです。

事業推進室インタビュー

– 最後に今後の目標を教えてください

事業を統括する組織として、各部門の施策をハンズオンで支援し、事業を拡大していきます。そのためには、まず主要数値をリアルタイムに可視化し、意思決定スピードをさらに高速化していきたいです。個人的には、既存サービスの売上・利益最大化への貢献した後に、新規事業の開発を担いたいですね。

事業推進室インタビュー

社員インタビュー

RECLOには多種多様なバックボーンのメンバーが集い、各部の枠組みを超えて事業に向き合っています。
各々が何を考え、思い、新しいことへチャレンジし続けているか、その一部をご覧ください。